• 「作戦」を立てる
  • 「やりたい放題」できるように計画する
  • なにかを始めるときは、なるべく「覚悟を決めない」
  • ここぞというときに「覚悟を決める」
  • 「カタチから入る」
  • やるべきことがわかりやすい作業だったり、努力を必要とする場合は、やる前に「人に話す」
  • 見られている感覚がプレッシャーになるような作業は、「秘密裏にことを運ぶ」
  • めんどうくさいなら、「ながら作業」にする
  • 集中を必要とする場合は、「マルチタスクはしない」
  • 自分に「ご褒美」を与える
  • 「どん詰まり」と「退屈」を防ぐために、工夫を惜しまない
  • 「できるときにできるようにする」
どうすればなにかをはじめられるのか (via dazy)

vvoxtrot:

rareaudreyhepburn:

Audrey Hepburn in Paris, France, March 3, 1955.

My heart

(forthosewhocravefashionから)

highontea:

dasmjoe:

Obsession: Tea

Impressive!

highontea:

dasmjoe:

Obsession: Tea

Impressive!

(tea-for-teaから)

(ericahlから)

先月、数名の同僚と一緒に仕事関係のパーティーに行きました。何人か知っている同僚と一緒だとはいえ、知らない人ばかりの集まりに行くのは憂鬱でした。私が嫌だったのは、知らない人に会うことだったのです。
そこで、同僚の1人が私に、いつも使っているちょっとしたコツを教えてくれました。1人で部屋に入ったら、同僚は必ず2人組に近づいて2人に自己紹介をする、というのです。今まで私は1人でいる人に話しかけるべきだとばかり思っていたので「2人の会話の邪魔になるのでは?」と聞いてみました。
同僚の答えは「そこに来ている人はみんな、他の人と知り合いになろうと来ているから、大丈夫」とのこと。2人組は、同僚と一緒に来ていて誰かと話さないと…と思っているか、1人で来た人同士で話していて「ああ、今夜はこの人とずっと話さなければならないのかな…」と思っているかの、だいたいどちらかだと言うのです (これなら、話しかけられた人は、一晩中話さなくて済む、よかった!と嬉しくなるはず) 。
どちらにせよ、話しかけられた2人組は、話しかけられて嬉しい、ほっとした気持ちになっているはず。それに、3人で話したほうが会話も盛り上がる可能性が高いです。
1人に話しかけた場合を考えてみましょう。1人にアプローチした場合、その人との会話を終わらせるのは至難の業。その人物と共通点が全然なかったら、行き詰ってしまいます。それに、1人でいる人というのは自意識が強く、 (本当は誰と話したいと思っていたとしても) 電話を見つめながら「忙しい」オーラを出していて、話しかけにくいんです。とはいえ4人以上のグループに話しかけるのは難しい。だから、2人組が、ちょうどいいのです。
これは効果絶大! 初対面の人ばかりのパーティーで楽しく会話する超簡単なコツ : ライフハッカー[日本版] (via dazy)
いいなと思ったこと、欲しいもの、その他いろいろ。

view archive